テレビで見た あの商品

鉛筆とシャーペンのいいとこ取り 大人の鉛筆

こんな筆記用具がほしかった!って言う人は多いと思います。特に中高年の同志のみなさん。
なんと言っても、若い子たちは鉛筆よりも圧倒的にシャーペン経験が多いでしょう。
鉛筆の芯を小刀で削ったり、小さい手持ちの削り器でクルクル回して削ったり、あんまり経験無いと思います。
我々にしてみれば、あの鉛筆の重さ・質感が書く行為の原体験なのです。シャーペンは味気ない。
この感覚がわかる人は、この新商品に共感してもらえると思います。

 

 

 商品名も「大人の鉛筆」でしょ。機能を追究したシャーペンでなく、味わいと余裕・持ち味を大切にする大人に使って欲しいという意図が感じられますね。
 

 

 「大人の鉛筆」の特徴をまとめると次のようになります。

CONSEPT-鉛筆屋による、鉛筆好きの為の筆記具
鉛筆を使うことが少なくなった大人の方々に、幼いころから慣れ親しんだ鉛筆で書く楽しさを、書き心地を、素晴らしさを再び感じてもらいたい。そんな鉛筆屋が心込めて作った筆記具が『大人の鉛筆』です。
BODY-使い込むほど手に馴染む、味わいのある木軸。
アメリカ産高級インセンスシダー材の綺麗な木目を生かした木目仕上げは温もりと、どこか懐かしい癒しを感じさせます。
LEAD−なめらか、かつ折れにくい最高の書き味をお届けします。
不純物が少ない黒鉛と粘土を均一に混ぜ合わせた高級国産2mm芯は、より黒く、きれいに書くことができます。大人に懐かしさと書くことの楽しさを再認識させてくれます。
BALANCE−軽過ぎず重過ぎない絶妙な書き心地。
木製軸と金属製金具で中心は軽く両端が重い絶妙なバランスを表現しわずかに重心を先端に近づける事で、長時間の筆記にも疲れにくい書き心地を実現。
DESIGN−余分な物はあえて取り除いた、書く為の筆記具。
書く事に不必要な物を極限まで削り落とす事で、使う人・場所を選ばない、シンプルデザインになりました。
SHARPENER−昭和35年に開発した独自の芯削り器。
『大人の鉛筆』に欠かせない、北星鉛筆の芯削りは刃は使わず、独特な形の板バネを使い、芯を4方向から削るため、1回転させなくても左右に回すだけで削れる独自の機構を採用しています。

 

 文具は味わいが大切だと改めて教えてくれる「大人の鉛筆」。
こだわりが物作りに見事に反映された一品です。書きたくなる筆記具・・「大人の鉛筆」いかがですか。

 

くわしくはこちらから

 


食品 美容 家電 家具 日用品